2017年03月20日

まわるまわるよ 時代はまわる〜♪

 「今の若い子はLINEの会話はスクショで晒される
  危険性があるから大切な話は会って話すらしい。
  一周会回って新しい時代。。」

って呟いている人がいました。

いやー新しい(〃艸〃)!!?

結局は人と人。
大切な事は会って話したいですよね。

SNSが苦手でLINE入れてない者としては
時代が追いついてきた??

隣で、スクショってなんじゃ?
と母が呟いておりますんで

こんなコト↓と・・・
jidai.png

posted by nico at 14:47| 日記

2017年03月19日

急性副鼻腔炎や鼻炎、花粉症に劇的に効いた?!

きょうは桜もほころぶ、めちゃくちゃいいお天気晴れ
でも、花粉症の人にはツライ一日でしたねもうやだ〜(悲しい顔)

杉&檜の花粉症じゃないけど、目に症状がでるイネ科のアレルギー持ち
なので、花粉症の目のツラさはわかります。それに、
今年初めに急性副鼻腔炎にもなったので、花粉症の鼻のつらさもわかります!

以下は急性副鼻腔炎になって、それが劇的に改善したお話です。

今年初めに喉カゼから急性副鼻腔炎になってしまったとき、
ちょうど鼻の付け根あたりから目の下辺りが腫れて、
見た目でもあきらかに鼻筋が太くなりました。

何よりつらかったのは常に鼻の奥と喉の奥が
ネバネバした粘液が滞っている感覚で息苦しいのと、
喉の奥に落ちてくる粘液で咳き込むの繰り返し・・・

去年も同じような状態になって、
(病院へ行って薬を貰う⇒全く効果なし)×5回

なんかいい方法ないかなぁ・・・
途方に暮れていたときに思い出したのが、以前にお客様から教えて頂いた、
ホメオパシーのサプリを購入できるアメリカのサイトです。

そのサイトをいろいろ調べて探し出したのが
コレ↓
XLR-00000-9.jpg

薬の成分は特に入っていなくて、単にキシリトールの水溶液らしい
のですが、これがビックリするほど効きましたexclamation×2

両鼻にシュっとした後すぐに、鼻の内壁の腫れている感覚が
減って息がしやすくなったのです。

うっそ〜???と思って鼻を触ると明らかに鼻筋が少し元に戻ってる。
まじで???と鏡で確認してみると、やっぱり腫れが引いている。

鼻洗いといっても、ざーーっ洗い流すみたいな面倒臭さはなく、
シュッとするだけのお手軽簡易版鼻洗いるんるん

花粉症で鼻がつらいお客様の何人かにご紹介したところ、
ほとんどの方に効果があったみたいで、目グッド(上向き矢印)

慢性の副鼻腔炎の方には即効での効果はなさそうですが、
ちょっとマシにはなられたそうです。

鼻はこのスプレーでスッキリ劇的に治ったけど、
去年と今年の咳のせいで、劇的にノドが敏感になって、
咳が止まらなくなる咳喘息調の症状は治らないだなぁ・・・

ホメオパシーの咳止め&喉潤すスプレーもいろいろ試したけど、
今のところヒット無し。すでに5万円も投資してしまった(-_-;)

だれかなにかいいもの知りませんかー?ふらふら



posted by nico at 22:31| 日記

2017年03月18日

いかなごのくぎ煮

兵庫県播磨から阪神地区や淡路島のあたりでは、春先、
イカナゴ漁が解禁になると、イカナゴの新子(稚魚)で、
「いかなごのくぎ煮」
という郷土料理が各家庭で作られてきました。

サロンドシエスタでも毎年の恒例行事、
「いかなごのくぎ煮」を作ります。

調理方法や調味料はシンプルですが、意外と上手に作るのは
コツがあるそうで、初めて作る方は失敗することも多いそう。
シンプルゆえ、イカナゴの大きさや鮮度も大きく味を左右します。

しずえさん曰く、

「美味しいくぎ煮作りの最大のポイントは
いかに、新鮮でベストな大きさのイカナゴを入手するか」

にかかっているそうです。

なので、この時期になると、しょっちゅう近所のスーパーに
電話をいれて、イカナゴの入荷があるかをたずねます。
しずえさんがベストと思うイカナゴの大きさは約三センチ。
ちょうどいいかたさのくぎ煮になるそうです。

しかし、イカナゴさん結構成長が早く、
あっという間に大きくなっちゃって少しでも時期を逃すと、
くぎ煮は五寸釘煮になっちゃうそうですが・・・
五寸って15.5pなんだけど、そこまでおおきくないやんWWW

イカナゴは食物連鎖の底辺の魚なので、下魚と呼ばれたりして、
5〜6年前までは、1キロ1,000円位のお安い小魚でした。
ところが乱獲で数を減らし、最近は大体1キロ4,000円前後
・・・随分と高級魚になってしまいました。

この時期、サロンドシエスタではタイミングが合った方だけ、
食事の時に「いかなごくぎ煮」がちょこっと出ます!(^^)!

エステのご予約はコチラ
posted by nico at 22:57| 日記